home page top 新着monthly page 2014和鉄の道 2014風来坊 2014四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top

東北 三陸沿岸のIron Road を訪ねる 震災後初めて 三陸沿岸を再訪  2014.6.7-6.9

   世界産業遺産登録 を目指す 日本近代製鉄発祥の地

<詳細版> 1. 近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 「釜石」 橋野・大橋を訪ねる. 2014.6.7. <スライド動画> 
1407kamaishi00.htm   2014.7.5.   by Mutsu Nakanishi
 . .
近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山を訪ねる 2014.6.7.
   
  1. 釜石線 別名「銀河鉄道」に乗って遠野・釜石へ
  2. 日本最古の洋式高炉跡が残る橋野高炉跡へ 
    遠野から笛吹峠越で北上山地を越える
  3. 日本最古の洋式高炉跡が残る橋野鉄鉱山(製鉄所)見学
  4. 北上山地の険しい分水界 仙人峠をを釜石線の長いトンネルとΩループで越える
    近代製鉄発祥の地「陸中大橋」を経て釜石へ 
  5. 釜石 鉄の歴史館 再訪
  6. 土砂降りの中路線バスで再度 近代製鉄発祥の地 陸中大橋へ
    日本初の洋式高炉の操業地 陸中大橋 旧釜石鉄鉱山(製鉄所)
  ◎ 震災後3年 釜石の今 Photo

  【参考】 
  近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山の概略



1. 近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山を訪ねる. 2014.6.7.
.
≪   スライド動画のpageへ   ・      写真アルバムのpageへ ≫

◎ top page  全体抜粋版 「東北 三陸沿岸のIron Road を訪ねる  震災後初めて 三陸沿岸を再訪 」 の pageへ


≪スライド動画≫  
1. 近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山を訪ねる. 2014.6.7. 
.
--  世界産業遺産登録 を目指す 日本近代製鉄発祥の地  --
.
.
.
.
  動画再生中 【10:56  66MB】  動画を拡大で見たい時や動画が再生しない時は ここ をクリックしてください 

三陸沿岸のIron Road Walk 
2014.6.7-6.9.


 釜石訪問   スケジュール
◎ 釜石の橋野・大橋鉄鉱山の概略
 このスライド動画のPDF版File

◎ 三陸沿岸のIron Road Walk  スケジュール

◎ 再訪地の主要箇所の概略地図
.

.

.
 
1.  近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山walk File 
<写真アルバム & スライド動画 File  >
詳細版    PDF写真アルバム 【122p   66MB】   スライド動画  【10:56  66MB】    このスライド動画のPDF版File .
概略抜粋     PDF写真アルバム 【 22p   15MB】   スライド動画  【03:42  21MB】
******

.


.
≪   先頭に戻る ・  スライド動画に戻る  ・    写真アルバムのpageへ  ≫    
.
東北 三陸沿岸の Iron Road を訪ねる 2014. 6.7.−6.9.
|<  最初頁 << 前頁< 1.1407kamaishi00.htm >次頁 >> 最後頁 >|


≪  写真アルバム 三陸沿岸のIron Road  写真抜粋  ≫
1.近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山 を訪ねる 2014.6.7

北上山地を遠野から西に三陸へ越える厳しい峠「仙人峠」。
古代大和の侵攻に戦った蝦夷の鉄の資源帯・鉄の生産基地といわれ、三陸への入口で、今は別名銀河鉄道 釜石線が長いトンネルとΩループでこの峠を越え、三陸・釜石に入る。
この山中は岩鉄・川には餅鉄・海には砂鉄がある鉄の宝庫で、これらの鉄資源を使って明治の初め、日本で初めての洋式高炉操業での製鉄が行われた「日本の近代製鉄発祥の地」でもある。

釜石線Ωループで仙人峠を越えた山中 「陸中大橋」は日本で最初に洋式高炉による製鉄が始まった釜石鉄鉱山(製鉄所)があった地であり、また、同じ山中 北側の橋野鉄鉱山には現存する最古の洋式高炉が3基も残っている。
「三陸沿岸のIron Road 再訪」を計画したとき、是非 この仙人峠を越えて釜石から三陸沿岸に入ろうと。

また、洋式高炉跡が残る釜石「橋野」へは車なくしては近づけぬ山中、今まで訪問できなかったが、 
今回 タクシーを使っても、是非この洋式高炉跡を訪ねようと時間表をひねくり回して、
日本近代製鉄発祥の地 「釜石」の「陸中大橋」と「橋野」をやっとスケジュールに組み込めました。

土砂降りの雨の中の訪問でししたが、釜石線Ωループによる仙人峠と共に本当にうれしい「日本近代製鉄発祥の地」訪問。
やっと行けました。 


釜石から誕生した近代製鉄  日本で初めて洋式高炉操業≪釜石大橋鉄鉱山≫ そして今も3基の日本最古の洋式高炉が残る橋野鉄鉱山 
+
tJR釜石駅前 新日鉄住金の建物にほっとする                   釜石の港の背後の丘にある鉄の歴史館
9+
≪ 先頭に戻る ・  スライド動画に戻る ・ 写真アルバムに戻る  ≫   


 
  <詳細版 リンク リスト>  東北 三陸沿岸の Iron Road を訪ねる 2014. 6.7.−6.9.   
.
東北 三陸のIron Road  震災後 初めて三陸沿岸の製鉄遺跡関連地の再訪
. . top page <全体抜粋版> 東北 三陸のIron Road を訪ねる   震災後 初めて 三陸沿岸の製鉄遺跡関連地の再訪 2014.6.7.-6.9.
 <詳細版>    東北 三陸のIron Road を訪ねる
**********
2014.6.7.-6.9
1. 世界産業遺産登録 を目指す 日本近代製鉄発祥の地 「釜石」近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 「釜石の橋野・大橋鉄鉱山を訪ねる 2014.6.7.
2. 三陸沿岸の砂鉄資源帯で古代の製鉄地帯「山田」
  古代蝦夷の鉄生産工房地の謎を解くかも??
発掘中の古代の製鉄遺跡 山田町船越「焼山遺跡」を訪ねる   2014.6.8.
3. 三陸鉄道に乗って 三陸沿岸の砂鉄浜 普代浜を訪ねる 20数年前訪れた龍泉洞 そして 砂鉄浜 普代浜 を訪ねる 2014.6.7.&6.8.
4. 車窓より眺める久慈・八戸周辺の砂鉄浜 久慈・八戸へ  砂鉄浜の 有家海岸 & 種差海岸 2014.10.5.
5. 東北 三陸沿岸のIron Road 再訪  まとめ   東北 三陸沿岸のIron Road 再訪  まとめ ( 項目リスト ) 2014.6.7.-6.9.
  . .


.
≪関連和鉄の道 & 転載・引用などに使った資料及び参考資料≫
.
1.  近代製鉄発祥の洋式高炉建設地 釜石の橋野・大橋鉄鉱山walk
.
 【和鉄の道】 

  1.田舎なれども南部の国は西も東も金の山?  
   岩手県南部 蝦夷の鉄 北上山地 大鎚・釜石へ 
    https://www.infokkkna.com/ironroad/dock/iron/kmaisi.pdf

  2.岩手県北上川流域の製鉄地帯 一関博 物館 ? 
      蝦夷の蕨手刀と 日本刀のルーツ 舞草刀
    https://www.infokkkna.com/ironroad/dock/iron/jstlbb08.pdf

  3.蝦夷の鉄・ 東北 和鉄の道  東北地方 和鉄の 道 9編 取りまとめ
    https://www.infokkkna.com/ironroad/dock/iron/4iron06.pdf



  【転載・引用・参考資料など】

  1.橋野高炉跡パンフレット 日本近代製鉄の先駆け 釜石教育委員会編 
    http://www.city.kamaishi.iwate.jp/index.cfm/8,10478,48,255,html

  2.釜石市 home page   歴史 世界遺産登録推進室ほか 
      http://www.city.kamaishi.iwate.jp/index.cfm/8,0,48,255,html

  3.釜石から誕生した近代製鉄のあゆみ
    http://www.nssmc.com/company/publications/monthly-nsc/pdf/2007_7_170_11_12.pdf

  4.岩手県立埋蔵文化財センター所報「わらびて」( No.129 )焼山遺跡
      http://www.echna.ne.jp/~imaibun/warabite/no129/warabite129.pdf

  5.田村栄一郎著 「みちのくの砂鉄 いまいずこ」 

  6.柴田弘武著 「鉄と俘囚の古代史」


  [ 先頭に戻る ]
東北 三陸沿岸の Iron Road を訪ねる 2014. 6.7.−6.9.
|<  最初頁 << 前頁< 1.1407kamaishi00.htm >次頁 >> 最後頁 >|

.

home page top 新着monthly page 2014和鉄の道 2014風来坊 2014四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
..


2014.7.5.  1407kamaishi00.htm    by Mutsu Nakanishi
1405kobetanjyousan00.htm  2014.5.1.    by Mutsu Nakanishi