Mutsu Nakanishi home page 2019 〔和鉄の道・Iron Road   -製鉄関連遺跡探訪・風来坊・四季折々
home page top monthly page home page内容構成 「四季折々・From Kobe」[ Web file リンク] Home Page 全file 収蔵庫  [全file リンク]
 . ..四季折々 思いつくまま・from Kobe 2019 . 
mutsu19list.htm 2019. 12.15.更新 By Mutsu Nakanishi
.
ホームページ改訂時 巻頭に書き綴ったものを集めました
インターネットhtm版 home page 和鉄の道 File DOCK 
製鉄関連遺跡探訪 Iron Road
風来坊 Country walk
四季折々・From Kobe
2008】【2009】【2010】【2011
2012】【2013】【2014】【2015
2016】【2017】【2018】【2019
2020
2008】【2009】【2010】【2011
2012】【2013】【2014】【2015
2016】【2017】【2018】【2019
2020
2008】【2009】【2010】【2011
2012】【2013】【2014】【2015
2016】【2017】【2018】【2019
2020
...........................
「和鉄の道・Iron road」サイト内の検索
お探しのキーワードを入れて検索してみてください



2019全リスト  ■ 2019 四季折々 思いつくまま・from Kobe
■ 四季折々 Monthly page  2019
年賀 1月 2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月 9月 10月 11月 12月
更新ごとの home page のtop pageを集めて収録しています
..**
.
 ■ 四季折々 Monthly page 2019 
更新時のhome page のtop pageを集めて収録しています 
年賀 1月 2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月 9月 10月 11月 12月
...
 
 
 
 PDF
  file
* 四季折々・思いつくまま・From Kobe   2019掲載記事トピックス bookmutsu2019outline.pdf
番外 【和鉄の道・Iron Road】【風来坊・Country Walk】【四季折々・From Kobe 】
2019年 和鉄の道・Iron Road を振り返って 
和鉄の道・Iron Road :8件 風来坊・Country Walk :11 四季折・from Kobe :9件
2019年和鉄の道2019bookallironroadtopics.pdf
* 製本版 四季折々 ・from kobe2019    準備中
準備中
. . .
1. 【From Kobe 1月 年賀】 
 ◆ 2019年 迎春 年の初め
2019年激動の時代に  希望を膨らませ、心も新た 今を元気に 
本年もよろしくお願いします
.心の故郷「縄文」と「鉄」に思いを馳せて 
 fkobe1901nenga.pdf
.
HTM File: 
( h3101nenga.htm )
2. 【From Kobe 2月 如月 節分 神戸便り 】
春迎え2019 「福は内 鬼も内」
◎収 録
1. 日本各地に伝承されている鬼 鬼にされた愛すべき仲間の鬼たちに思いを寄せて
2. 朝日デジタル 最近の縄文の捉え方に警鐘をならす編集委員・宮代栄一氏の記事 
「縄文=ユートピア」はホント? 食料争奪の可能性/森林破壊も 2019年1月15日11時00
「格差も戦争もない」本当? 縄文時代、見えてきた実態   2019年1月31日11時00分
最近語られる「エコロジカルな縄文人」とのイメージについて、違和感を抱く
この記事に接してのIron road 発信の私の思い
fkobe1902.pdf
.3. .From Kobe 弥生3月  春の足音がすぐそこに 神戸便り 】
 どこかで春が生まれてる 
   
  ◎ 収録 平成から新しい時代に向かって
   2019.1.30朝日新聞朝刊 オピニオン欄 掲載記事  
    経済同友会代表幹事  小林喜光氏 < インタビュ >記事 転記ご紹介
    平成の30年間、日本は敗北の時代だった 敗北日本、生き残れるか
.fkobe1903.pdf
4. 【From Kobe 卯月 4月  待ちかねた春 さくらと共に春爛漫 神戸便り

        野山・海も街・里そして人も 新生の息吹に満ちて
  新しい出会いと出発に日々あらた 平成最後の春を元気に!!



   ◎ 再収録 平成から令和へ 新しい時代に向かって
     2019.1.30朝日新聞朝刊 オピニオン欄 掲載記事  
        経済同友会代表幹事  小林喜光氏 < インタビュ >記事 転記ご紹介
        平成の30年間、日本は敗北の時代だった 敗北日本、生き残れるか
fkobe1904.pdf
5.  From Kobe 7月 神戸便り 】遅れた梅雨のはじまりから酷暑の夏へ 
遅れた梅雨の中で迎えた7月 神戸便り
 . 
  2ケ月ぶりの更新 お元気ですか!!
経験したことのない初夏 目まぐるしく変わる気象変化に負けぬよう


高度成長を支えた鉄鋼住金の名が消えた
「平成」の総括からから「令和」の新時代へ
経済同友会代表幹事  小林喜光氏 < インタビュ >記事 転記添付
「平成の30年間、日本は敗北の時代だった 敗北日本、生き残れるか」

 

fkobe1907.pdf



 

fkobe1907B.pdf

6. From Kobe 8月 盛夏 神戸便り 】 
2019ひまわり夏 神戸便り
今年も田園一帯を真っ黄色に染める元気なひまわりに出会ってきました
◎ひまわりの夏2019 雑感
異常気象をひしひしと感じる今年の夏 
気象だけでなく なにかもやもやはて気分が乗らぬ夏
ホームページも思うに任せず、更新の積み残しばかりに。
そんな今年の夏 振り返りながら 梅雨時の思いと行動をメモ記録に。
fkobe1908.pdf
7. 【From Kobe 10月 初秋 Happy Autumn 神戸便り 】
10月初秋の便り Happy Autumn  From Kobe
● 収 録 新聞記事 
朝日新聞 2019.9.27.朝刊 天声人語・オピニオン&フォーラムより
https://www.infokkkna.com/ironroad/2019htm/2019mutsu/fkobe1910asahi.pdf 
大きなパラダイムシフトが進行する国際情勢の中で、
国民に何も説明せず、みくだす横暴な仲間政治 
理念も目標も失いいまだに高度成長期の流れにしがみつく日本 
これでよいのだろうか…
なぜ、日本では新しい雇用・ビジネスを生みだす先進事業・企業が生まれない
fkobe1910.pdf

● 収録新聞記事
 【fkobe1910asahi.pdf

8. From Kobe : 11月 秋便り】 
11月秋便り Happy Autumn【2】From Kobe
● 収 録 この秋に思うこと 色々 この秋 何度か耳にした情報
効率化・選択と集中 行き過ぎた資本主義は人々を幸福にしない  
GAFA グロ-バルな巨体企業の存在は富を集中し、富の分配がなされない」
多重・多様化をキーワードに《柔軟な社会造りへ舵を切る》
パラダイムシフトの波がおこりはじめたと。
fkobe1911.pdf
9. 【From Kobe : 12月 師走のの便り】 
12月 師走の便り From Kobe
From Kobe : 12月 令和元年師走の便り色々あった1年 また来年
まだまだ好奇心もあり、足も動く。家族仲間もいる。勝手気ままな風来坊 神戸の片隅で


 ● 収 録   師走の今 本年を振り返って 心に響いた言葉
fkobe1912.pdf
.  四季折々・From Kobe  htm版 File List
2008 】【 2009 】【2010】【2011】【 2012 】【 2013
2014】【2015】【 2016 】【 2017 】【2018】【2019】【2020
先頭に戻る
.
.
「和鉄の道・Iron Road」電子ブック製本版  2001-2018 》 

 「和鉄の道・IRON ROAD」(2001-2018)

和鉄の道 全file収蔵Dock 収蔵file Year Book [1年毎の合本file 収蔵]

【電子ブック】製本版 2018年 和鉄の道・Iron Road  Year Book
和鉄の道・Iron Road
日本各地の製鉄遺跡 &関連地探訪
風来坊・Country Walk
日本各地の山・川・里探訪
四季折々・From Kobe
思いつくまま ぶつぶつ神戸便り
2018年掲載記事リスト
2018年掲載記事リスト
2018年掲載記事リスト
和鉄の道  2018 
【37MB】
bookiron2018.pdf
風来坊 2018
【48MB】
bookWalk2018.pdf
四季折々 2018
【18MB】
bookmutsu2018.pdf
 
*******

先頭に戻る

 
home page top monthly page home page内容構成 「四季折々・From Kobe」[ Web file リンク] Home Page 全file 収蔵庫  [全file リンク]
 .


  • mutsu19list.htm  by M. Nakanishi