Mutsu Nakanishi home page 2021〔和鉄の道・Iron Road   -製鉄関連遺跡探訪・風来坊・四季折々
home page top 先頭に戻る monthly page 「Iron Road」[ Web file リンク] Home Page 全file 収蔵庫[全file リンク]

和鉄の道・Iron Road 【18】たたら探訪 2018

古代 大陸・朝鮮半島より日本を巡る鉄伝播の道があり、

今も脈々と続いてい日本各地で 鉄と共に 人・文化を運び 今日の日本を創った

そんな「Iron Road 和鉄の道」を各地に訪ねて掘り起こしてみたい     歩くだけの風来坊
.
iron18list.htm      2020. 2.15.更新 By Mutsu Nakanishi
インターネットhtm版 home page 和鉄の道 File DOCK 
製鉄関連遺跡探訪 Iron Road
風来坊 Country walk
四季折々・From Kobe
2008 】【 2009 】【 2010 】【 2011
2012 】【 2013 】【 2014 】【 2015
2016 】【 2017 】【 2018 】【 2019
2020
2008 】【 2009 】【2010】【2011
2012 】【 2013 】【2014】【2015
2016 】【 2017 】【2018】【2019
2020
2008 】【 2009 】【2010】【2011
2012 】【 2013 】【2014】【2015
2016 】【 2017 】【2018】【2019
2020

googlleを借りて「和鉄の道・Iron road」サイト内の検索をトライしています。
お探しのキーワードを入れて検索してみてください

......
googlleを借りて「和鉄の道・Iron road」サイト内の検索をトライしています。
お探しのキーワードを入れて検索してみてください


たたら探訪 2018 掲載全リスト  和鉄の道・Iron Road 【18】
和鉄の道  Iron road たたら遺跡 探訪 2018

 
 Web File
 PDF file
 
【和鉄の道・Iron Road】 
.
  2018 年 和鉄の道 Iron Road【18】の口 絵
 
 ◇ 2018 年 和鉄の道 Iron Road【18】の口 絵 ◇
1800kuchie2018.pdf
18iron00.pdf
*  2018 年 和鉄の道・Iron Road 掲載記事トピックス
bookiron2018outline.pdf
*****
番外 【和鉄の道・Iron Road】 【風来坊・Country Walk】【四季折々・From Kobe 】
2018年 和鉄の道・Iron Road を振り返って 
 和鉄の道7件風来坊11件四季折々from Kobe10件
2018bookallironroad
topics.pdf
2018年和鉄の道
. . . .
  1.  【和鉄の道・Iron Road】【Pdf File】 from Kobe 2月の転載
.資料 和鉄の道 鬼に関する掲載記事の再整理 2018.2.3.
 2018年節分に 仲間としての鬼に思う - 鬼にされた製鉄集団 -
A. 神戸の鬼 関西での伝承
B. 日本各地 鬼伝説 和鉄の道・Iron Road 掲載リスト 整理
.
1802kobeoni.pdf
18iron01.pdf
2
 【和鉄の道・Iron Road】【映像切りだし私蔵スライド動画】
 【再整理 記録】 2018.3.5.
≪NHK BSドキュメンタリ−「南極 氷の下のタイムカプセル」≫
鉄の惑星「地球」35億年前現在の生物起源に遡るIron Road の絶景
 南極氷の下のタイムカプセル シアノバクテリアの不思議な世界
 光合成を初めて行い、大気の酸素を作る
 保存File 
1803cyanobacteria.pdf
18iron02.pdf
.
保存File
 
3
 【和鉄の道・Iron Road】【PDF File】
 卑弥呼の時代を解き明かす?2018.3.23. 神戸新聞より
淡路島弥生後期の大山間地集落群淡路市舟木遺跡
.
  弥生期の鉄製ヤスが出土 海の民や北部九州とのつながりを示す?
1804newsfunaki.pdf
18iron03.pdf
4
【和鉄の道・Iron Road】【スライド動画】
.
 【情報紹介】西播磨の鉄【宍粟・佐用】概要レビュー 
              by Mutsu Nakanishi 2018.5.5.
和鉄の道・Iron Road  西播磨の鉄【宍粟・佐用】概要レビュー
.
..
 保存File 
 
1806nishiharimano
tetsu00.htm
18iron04.pdf
.
保存File
 
5.
【和鉄の道・Iron Road】【Pdf File】
湖北 伊吹山山麓 近江国 旧坂田郡に残る金太郎伝承 2018.6.1.
.
   旧坂田郡 長浜市   旧坂田郡 長浜市西西黒田 
 
1806nagahamakintarou.pdf
18iron05.pdf
6.
【和鉄の道・Iron Road】【スライド動画】 
海人族と密接な鉄器加工・製塩などの生産工房を持つ
淡路島山間地集落遺跡群の拠点集落
【津名丘陵舟木集落遺跡 弥生後期・終末期】現地探訪 2018.8.29.
1. 淡路島の西北部の狭い海岸に点々と続く野島海人の郷「野島」
  弥生後期の製塩工房 貴船神社遺跡 淡路市野島大川海岸
2. 弥生後期  鉄器など生産工房を持つ
   淡路島山間地集落群の中心 交易拠点「舟木遺跡」
 野島海岸を見晴らす津名丘陵の頂上部 古代から続く淡路市舟木集落
【参考】インターネット検索 & Iron Road 資料整理
「国生み淡路島の実像-津名丘陵山間地集落群の中心 舟木遺跡 概要
.
 保存File 
 
1809awajifunaki00.htm
18iron06.pdf
.
保存File
参考資料
検索整理PDF
 
7.
和鉄の道・IronRoad】 【スライド動画】 & 【Photo アルバム】
 古代たたらの故郷 湖北 2018.11.12.
伊吹山山麓たたらの里に眠る「金太郎」伝承walk 
伊吹の里 & 長浜市西黒田地区(旧坂田郡西黒田村)
1.正面に巨大な伊吹山がそびえるたたらの郷 米原市伊吹の里
2. 南北に寝そべる丘 臥竜山山裾に点々と連なる金太郎の里集落
   長浜市西黒田地区(旧坂田郡西黒田村)
【参考】「近江の鉄」和鉄の道掲載リストby Mutsu Nakanishi 
 古代鉄の先進地 近江の鉄 掲載記事を書き出してみました   
.
 保存File 
【本年6月にIron Roadに転記紹介した記事】 
 ◎ 湖北 伊吹山山麓 近江国 旧坂田郡に残る金太郎伝承 長浜市西黒田
1812ibuki00.htm
18iron07.pdf
.
保存File
 
** ** ** **
番外 日本人の心の故郷 縄文 
一万年も平和で豊かな生活が続いた世界に類のない日本の「縄文」社会  
そのエンジンは「他人を思いやる心」だったである。
PDF 縄文帰りの勧め 
縄文の心を映すストーンサークル
北東北・北海道の縄文遺跡を ユネスコ世界遺産に
「北海道・北東北の縄文遺跡群」が2020年登録を目指すユネスコ世界
遺産の日本申請候補に選ばれました。世界遺産登録へ一歩前進
2020年登録推薦から外れましたが、引き続き支援お願いします
******
番外 【和鉄の道・Iron Road】 【風来坊・Country Walk】【四季折々・From Kobe 】
2017年 和鉄の道・Iron Road を振り返って 
和鉄の道Iron Road 10件風来坊Country Walk 18件四季折々from Kobe10件
2017年和鉄の道
**
.
.  たたら探訪 htm版 file list 
2008】【2009】【2010】【2011】【2012
2013】【2014】【20152016】【2017
2018】【2019】【2020】【2021
先頭に戻る
.
.
..
《 「和鉄の道・Iron Road」電子ブック製本版  2001-2019》 
 「和鉄の道・IRON ROAD」(2001-2019)
.
和鉄の道 全file収蔵Dock 収蔵file Year Book [1年毎の合本file収蔵]
.

【電子ブック】 製本版 2019年 和.鉄の道・Iron Road  Year Book
和鉄の道
Iron Road
製鉄遺跡 &関連地探訪
風来坊
Country Walk
山・川・里探訪
四季折々From Kobe
思いつくまま
神戸便り
2019年掲載記事リスト
2019年掲載記事リスト
2019年掲載記事リスト
和鉄の道  2019 
【41MB】
bookiron2019.pdf
風来坊 2019
【24MB】
bookWalk2019.pdf
四季折々 2019
【20MB】
bookmutsu2019.pdf
・・・・・
*******


 
Mutsu Nakanishi home page 2021
〔和鉄の道・Iron Road   -製鉄関連遺跡探訪・風来坊・四季折々
home page top 先頭に戻る monthly page 「Iron Road」[ Web file リンク] Home Page 全file 収蔵庫[全file リンク]

iron18list.htm 改訂 by  M. Nakanishi
2019.1.5.2018.10.5.  2018.8.5.    2018.6.5.      2018.4.10.     2018.3.5.