home page top 新着monthly page 2011和鉄の道 2011風来坊 2011四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
 ..
鍛冶神 大己貴命の伝説の地「神出」の信仰の山 雌岡山・雄岡山 Walk   1104kande21.htm

1. 雌岡山山頂神出神社への参道は「真っ赤な赤土道」 古代鉄鍛冶集団がこの地にいた痕跡か
 
車道と別れて この切り開かれた急な坂道を行く。 
幅はひろいのですが、雑木が生い茂る山腹を切り開いて造られた山土むき出しの急な坂道。
はっと気づく「道が赤い 赤土の道」。
道のあちこちにむき出しとなった石のかけらも赤い。鉄分が随分含まれているのでは・・・と。
でも ここから北東にある丹生山の辰砂の岩で見た赤にも近い。
この赤は 鉄分なのか 辰砂なのかよく判らないが、かなり鉱物が含まれている。まあ 和鉄の郷の痕跡 鉄分と思いたい。
この山の北側山腹では水晶が取れたとの話もあり、この雌岡山には鉱物資源があり、古代鍛冶集団が住み、古代伝説を生む伝説の郷になったのではないかと思えてくる。
ポケットにひょいと赤い石のかけらを入れて持ち帰ってきました。
整備された参道は赤土がむきだしに 
古代鉄鍛冶集団がこの地にいた痕跡か

    整備された神出神社参道 子午線道は赤土がむきだしに   2011.3.11. 
          古代鉄鍛冶集団がこの地にいた痕跡か
      

              雌岡山の神出神社への直登参道で見つけた赤い土と石のかけら  2011.3.11.
雑木林に包まれた赤土の参道 子午線の上をまっすぐ歩いて頂上へ登っているんだと思いながら、
約20分ほどのぽっゆくと正面に石段が現れ、その上に石の鳥居。 
それをくぐると 雑木林の向こうへ続く道の奥に神出神社の境内と社殿が見え、雌岡山頂上の神出神社到着である
  
              子午線上をまっすぐ登る参道 頂上部 神出神社への入口周辺   2011.3.11.
 
先頭に戻る  雌岡山・雄岡山walkの先頭頁
|< 最初頁 << 前頁 1104kande21.htm > 次頁 >> 最後頁 >|
 
home page top 新着monthly page 2011和鉄の道 2011風来坊 2011四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
 .


1104kande21.htm   2011.4.5.  by Mutsu Nakanishi