.
萩焼 窯元 庄司庵 陶房葉月  日本工芸会正会員 田中講平 の home page 
陶房葉月便り   2009年 2月   0902mail.htm     2009.2.1
 
1.  季刊誌 「 TAIKI PLUS 第4号 の
    「萩の七化け、多器済々、茶陶の里「萩焼」山口の陶芸」 特集号
   「萩の32人の陶芸家」に 田中講平の記事が掲載・紹介されました

2008年11月11日に出版された季刊誌 「大器 プラス・TAIKI PLUS第4号 
   「萩の七化け、多器済々、茶陶の里「萩焼」山口の陶芸 」特集号
企画記事 「萩の32人の陶芸家」の中に 「田中講平」の項 が設けられ、
作品と共に掲載・紹介されています。

陶芸家 田中講平の紹介とともに 作品写真とともに萩「翔」作品が素晴らしい記事になって
掲載されていますのでお知らせします。


新日本教育図書(株)
2008.11.11.発行
記事の一説
「 鳥の羽の形をイメージ ソースとして、
  鶴が翼を立てた姿や仏像の後背をイメージさせる形にまで展開させ、
   田中陶芸の新たなレパートリーになりつつある                」

     TAIKI PLUS 第4号 「萩の32人の陶芸家」の「田中講平」の項より        

陶房葉月では 「翔」シリーズの作品はじめ、数々の田中陶芸作品を展示していますので、 ぜひ、お立ち寄りください。 
また、この大器 プラスTAIKI PLUS第4号 は お近くの書店でお求めください。( 定価1500円)

                                                    2009.2.1.   陶房葉月
 

記者さんに尋ねられたのですが、
この「翔」作品は 大分県高千穂峡
で採取した鉄分を含む天照石との
出会いが発端。
手のひらに収めた小片を見つめると
羽のようで、
次々とイメージガ膨らんでいきました。

            田中講平

  田中講平の萩 「翔」 シリーズ

2. 第55回日本伝統工芸展の全国巡回展 ご案内

 
工芸作品の頂点を決める権威ある第55回日本伝統工芸展(文化庁、日本工芸会、朝日新聞社、NHKなど主催)に田中講平作「青白磁流文大鉢」入選のお知らせをしましたが、その全国巡回展が始っています。
入選作「青白磁流文大鉢」も一緒に展示される西日本各地での巡回展のスケジュールを下記にお知らせします。

第55回日本伝統工芸展の全国巡回展
      .           
  2009年 
   ★ 広島展     広島県立美術館             1月21日(水)〜 2月 8日(日) 
   ★ 福岡展     福岡天神岩田屋             2月11日(水)〜 2月16日(月) 
   ★ 松山展     三越松山店                   2月24日(火)〜 3月 2日(月) 
 


 
「ぜひ おいでませ 山口へ  そして 山口吉敷の郷へ」

萩焼の「優雅」「質感のある素朴な味」 と 磁器の持つ「線・形」「透明感」
実用品の心地よい手触りの中に そんな美しさと味の生命を吹き込みつづけたい。
陶芸家 田中講平 の変わりなき姿勢です。
 
常時 直接手にとってごらんいただけるように 山口吉敷の陶房葉月の
ぎゃらりー「HAZUKI」 に数多くの作品を展示しています
是非 一度 足をお運びください。

 

        先頭に戻る



0902mail.htm陶房葉月便り    2009.2月1日作成